Loading
IT機器の現在と未来。

IT機器の現在と未来。

高度情報化社会になった現在。今後、未来のIT機器はどうなるのだろうと、一人で考えることがあります。中学時代からパソコンをしてきて現在40歳になる自分ですが、私の予想でありますと、人間の思考を感知して自動的に判断して仕事をする、IT機器が登場すると予測します。おそらく30年か20年後先になると思います。コンピューター黎明期からタッチパネルが登場するまでそれくらいかかったので、あくまでも、私の推測にすぎません。私が最初に触れたPCは、シャープ製でした。その頃の記憶媒体は、2DDと呼ばれるフロッピーディスクでした。ところが

現在、私が趣味で使っています、携帯ゲーム機の記憶媒体は、32ギガバイトで、指でつかんでみますと、壊れてしまうほど小さいです。30年の期間は私にとって隔世の感があります。30年前に使用していたPCのCPUが8ビットだったのに対し現在では、64ビットが当たり前になっています。私は、コンピュータを使うことはできましても、ハード的な面をいじることは全くできません。昔はメールなんてありませんでした。少ししたらパソコン通信なるものが出てきて、でも今のインターネットにはまるでかないません。パソコン通信なんておもちゃみたいなものでした。今後IT機器が善の方向に向かって進化することを願っています。
Copyright (C)2016IT機器の現在と未来。.All rights reserved.