Loading

IT機器のノートパソコンの最低価格

今から20年ぐらい前だと会社にパソコンが置いてあるところは少し珍しかったかも知れません。1台は置いていても目立つようなところにはなかったでしょう。大学などには情報処理の実習室がありましたが、高校などになるとさすがにありませんでした。その当時はデスクトップパソコンが主流で、一台購入するのに30万円近くしました。もちろん今の機械より性能はかなり落ちます。ハードディスクがついていないタイプも多くありました。

いまやIT機器の中心といってもいいのがノートパソコンです。20年前にもありましたがカラータイプは少なくモノクロが主流でした。今はモノクロタイプはないでしょう。では価格はどのようなものがあるかです。ピンからキリまであり、上級機種になるとやはり20万円ぐらいします。CPUは最新のものが搭載されていてメモリも最大限まで積まれています。

最低価格は5万円ぐらいになっています。新品で5万円となると20年前では考えられませんでした。通常のパソコンに比べると小型のタイプで、CPUも小型用になっています。インターネットなどで動画を見るには全く問題ありませんが、細かい動きを必要とするゲームなどでは少しパワー不足のことがあります。
Copyright (C)2017IT機器の現在と未来。.All rights reserved.