Loading

IT機器の記憶装置はHDDかSSDか

パソコンの記憶装置として長らく利用されているのはハードディスクですHDDと表記されることもあります。古くはメガバイトの容量のこともありましたが最近はギガバイト、テラバイトのものが出回っています。容量が大きければ大きいほど多くのデータを保存することを意味します。ハードディスクはその名の通り金属のディスクにデータを記録する装置です。ディスクを回転させて記録をするのでモーターがついています。駆動を始めると一定の音がします。

IT機器のパソコンを購入するとき、記憶装置で選ぶことがあります。それは最近はハードディスク以外のタイプが出てきているからです。SSDと呼ばれるタイプで、主に小型のパソコンなどに搭載されることがあります。ハードディスクとは違ってディスクにデータを書き込むわけではありません。電気的に行うフラッシュメモリタイプになります。

ハードディスクのよさは何といっても容量が大きいことで、SSDはまだハードディスク以上の容量はありません。しかしある程度の容量のものが出てきているので、通常の利用には困らなくなっています。ハードディスクのように回転をして記録や読み込みをするわけではないので振動に強く音も少ないです。価格はSSDが少し高めになります。
Copyright (C)2017IT機器の現在と未来。.All rights reserved.