Loading

IT機器のノートパソコンのディスプレイの大きさ

コンピュータは基本的には何をしているかみることはできません。電気的、電子的に動いています。多くの家電製品にも組み込まれていて、ボタンの押し方で動き方が変わったりすることがあります。一定の動作をさせるならプログラムを記録させておけば問題はありません。でももっと自由に使いたい場合があります。そのときには別途プログラムなどを変える必要があります。そのときにはコンピュータの内部を擬似的に見る必要があります。

そのための装置としてディスプレイがあります。プログラムを作成するときに言語を記述するときに使います。一般的にはソフトウェアを起動させて使うことが多いので、インターネットや動画などを見たりするのに使うことになります。ディスクトップ型だとディスプレイは別になっていますが、IT機器のノートパソコンは一体型になっています。

ディスプレイは大きければ大きいほど見やすく使いやすいです。しかし大きければその分重くなったり、かばんに入りにくくなります。また表示の部分が多いので電気の消耗も多くなります。持ち歩くのを前提にするなら11インチぐらいが良いとされます。10インチ以下だとかなり小さくなります。自宅用だと15インチ以上のものなどを使います。
Copyright (C)2017IT機器の現在と未来。.All rights reserved.